今年の雨水はいつ?なぜ雛人形を飾るのに良い日なの?
バレンタインデーも終わると雨水の日が近づいてきます。この雨水は「あまみず」と読まずに「うすい」と読みます。

じゃあ今年の雨水はいつなのか調べてみました。

そして雨水にはどんな意味があるのか?あと雨水の日に雛人形を飾ると良いらしいのです。

どうして雨水の日に雛人形を飾ると良いのか紹介しますね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年の雨水はいつ?

yukidoke まずは「今年の雨水はいつ?」なのか紹介しますね。

2017年の今年は2月18日(土)です。

毎年だいたい2月18日、19日頃が雨水となっています。西洋占星術だと、この雨水が双魚宮(うお座)の始まりとなるようです。

今年の雨水がいつなのか分かりましたが、雨水にはどんな意味があるんでしょうか?


雨水の意味とは?

雨水は二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで「降る雪が雨に変わり、氷が解け出すころ」との意味があります。

二十四節気についてはこちらで紹介しています。
二十四節気の意味は?簡単に分かりやすく解説します


昔からこの雨水を農耕の準備を始める時期の目安としていたようです。春一番が吹き始める時期で、梅の花が色鮮やかになってくる季節です。

しかし実際の寒さでは、2月下旬なのでまだまだ積雪の多い地域だと、なかなか雨水の言葉どおりには感じられないかもしれないですね。


雛人形を飾るのに良い日なの?

hinakazaari 雨水は「雛人形を飾るのに良い日」だと言われています。何故なのでしょうか?

実は雨水の日に雛人形を飾ると「良縁に恵まれる」と昔から言われているんです。ひな祭りはお祝い事なので、やはりそういった縁起の良い日に飾るといいでしょう。

だから今年は雨水の日に雛人形を飾るようにして下さいね。

あと、逆に雛人形を出すのに縁起が悪い日もあります。それは・・・

ひな祭りの前日である3月2日です!

これは「一夜飾り」といって、お葬式など急なことで一夜で準備を行なうのと同じようなイメージがあり縁起が悪いとされています。


雨水の七十二項は?

二十四節気のひとつである雨水には、さらに5日ごと3つに分けた「七十二候(しちじゅうにこう)」があります。

雨水の期間中の七十二候は以下の3つです。

  • 初候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
  • 次候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)
  • 末候 草木萌動(そうもくめばえいずる)
スポンサーリンク

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

これは雨水の意味でも紹介したように、降る雪が雨に変わることから、その降った雨により大地が潤う様をあらわしています。古くは「獺魚を祭る(かわうそうおをまつる)」とも呼ばれる季節でした。これは獺が採った魚を瀬に並べて、なかなか食べようとしないところからきています。

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

山野の情景に春の霞がたなびく時期です。霧(きり)だと「たちのぼる」との表現になりますが、霞の場合は「たなびく」と表現するようです。

草木萌動(そうもくめばえいずる)

雪解けにより次第に草木が芽吹き始める季節をあらわしています。道端などそこかしこで花が咲いているのを目にします。

霞(かすみ)と霧(きり)の違いは?

気象学では視程1キロ未満のものは霧と呼び、それより薄い視程1キロ~10キロ未満を霞と呼びます。ちなみに靄(もや)は気象用語では使われていません。
今年の雨水はいつなのかでも紹介しましたが、雨水の日は2月18日なのでまだまだ寒いです。しかし地面の雪もだんだんと溶け始めて、菜の花など春の花が咲き始める季節が近づいてきています。

少しづつですが春の季節を感じられるようになってきますね。


雨水の時期といえば…

雨水の時期である二月の下旬近くになるとプロ野球オープン戦の開幕が近づいてきます。新戦力やルーキーのお披露目の場でもあるので、とても楽しみにしています。

阪神ファンの管理人としてはFAで加入した糸井嘉男選手の活躍に期待しています。去年と同じように50以上もの盗塁をしてくれるのか楽しみです^^

あとこの時期といえば恒例になりつつある「東京マラソン」ですね。今年は2月26日(日)に開催されます。

近年はマラソンがブームのようで、かなり盛り上がっているみたいですね。一般参加枠の抽選倍率も年々あがってきて、今では10倍を超えるほどだとか。

うーん、管理人だったら金貰っても走るのは嫌だなぁ~(笑)


まとめ

今回は「今年の雨水はいつ?」について紹介してきました。もう一度まとめておきます。

2017年の今年は2月18日(土)が雨水です。

雨水には「降る雪が雨に変わり、氷が解け出すころ」との意味があります。

雨水の日に雛人形を飾ると「良縁に恵まれる」との言われがあります。

雨水の七十二候
土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
霞始靆(かすみはじめてたなびく)
草木萌動(そうもくめばえいずる)
雨水の日はコレってのは特になかったのですが、「良縁に恵まれる」なら雛人形は雨水の日に飾るのがいいですね。

ほかにも雛人形を飾るのに良い日をこちらで紹介しています。
ひな祭りいつから飾るのが正解?今年はこの日に飾ろう!


まだまだ寒い日が続くので風邪などひかないよう気をつけて下さいね。
スポンサーリンク