めんたいパークの入場料は?大阪ATCで明太子を試食してきました!

ちょっと南港まで行く用事があったので、前々から気になっていた「めんたいパーク」に行ってみることに。

そこで気になったのがめんたいパークの入場料がいくらなのか?

なので調べてみるとめんたいパークって4ヵ所もあるんですね。そんなにあるとは知りませんでした(笑)

今回はめんたいパークの入場料についてと、実際にめんたいパーク大阪ATCに行ってきたのでレポートを紹介します。

行ってみたいなと思っているなら、ぜひ参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク
レクタングル336イメージ

めいたいパークの入場料は?

mentai
めんたいパークの入場料は無料です。しかし一部施設が有料になっている、めんたいパークもあります。

  • めんたいパーク大洗 入場料:無料
  • めんたいパークとこなめ 入場料:無料(一部有料)
  • めんたいパーク神戸三田 入場料:無料(一部有料)
  • めんたいパーク大阪ATC 入場料:無料

めんたいパークとは明太子の老舗メーカー「かねふく」が運営している明太子専門のテーマパークです。工場見学や明太子の試食だけでなく、工場直売の明太子を購入することもできるんです。

めんたいパークは以下のような構成になっています。

  • メイン施設
  • 工場エリア
  • 売店エリア
  • フードコーナー

このメイン施設がパークによって違うようで、とこなめと神戸三田については有料となっているみたいなんです。

  • 【大洗】ギャラリー:無料
  • 【とこなめ】めんたいミュージアム:大人500円、小人300円
  • 【神戸三田】めんたいランド:大人500円、小人300円
  • 【大阪ATC】めんたいラボ:無料

ちなみに有料の「めんたいランド」と「めんたいミュージアム」ですが、公式サイトの説明ではお土産付きと書いてありました。そんなのいらないから無料にしてくれと思うのは管理人だけですかね(笑)

まあ一部施設が有料のとこでも、めんたいパークの入場料は無料なので試食や買物はできそうです。だから明太子が好きなら行ってみて損はなさそうですね。


めんたいパーク大阪ATCに行ってみた

mentai01
めんたいパーク大阪ATCは、大阪市住之江区にある大規模複合施設のアジア太平洋トレードセンター内にあります。アジア太平洋トレードセンターは英語名がAsia & Pacific Trade Centerなので、通称で大阪南港ATCと呼ばれています。



めんたいパーク大阪ATC

営業時間:11時~18時30分
入場料金:無料
住所大阪市住之江区南港北二丁目1-10
ATCビルITM棟2階G-1
電話:06-6616-0089
公式サイト:https://mentai-park.com/park/osaka/

ちなにみATCはコスプレイヤーにも人気の撮影スポットのようで、週末に行くとコスプレしている人をよく見かけます。まあ管理人的にATC裏は、釣りのポイントとして知られたスポットなんですけどね。

さっそくめんたいパークの入場ゲートをくぐるとCMキャラクターである、あの人が出迎えてくれます!

mentai02
氷川きよしファンだったらたまらない等身大ポップが展示してあります。となりに置いてあるハッピを着て記念撮影ができそうな感じです。(誰もやってなかったので真相は不明です)

管理人はファンではないので等身大ポップはスルーして、めんたいパーク大阪ATCのオリジナル施設「めんたいラボ」に入ってみたいと思います。


めんたいラボ

mentai00
めんたいパークの入場料のとこでも説明しましたが、大阪ATCにある「めんたいラボ」は入場無料となってます。なんでもそうですがタダはいいですね^^

mentai03
なんと入口には、本当の工場内に入るときみたいに殺菌エアーのゲートまであります。ここを通らなくても入場はできますが、ほんとうに工場に入るみたいで、ちょっと本格的で面白い趣向です。

mentai04
めんたいパークを運営しているメーカーの歴史を見る事ができます。さらに明太子の豆知識なんかも壁に貼られていました。

mentai05
そして明太子の原料となる卵を産むスケソウダラに関する展示が見られます。

mentai06 mentai08
子供の頃から明太子が好きでよく食べていましたが、こんな姿をした魚の卵だったとは初めて知りました。思っていたよりグロテスクな感じの魚だったんですね。

まあ食うのは卵なので、魚の見た目なんてどうでもいいですね(笑)

mentai11
他にもキャビアやイクラなんかの魚を紹介している展示があります。この柱のような展示の裏側では、漁法について紹介しているんです。

mentai09
ちょっと面白いのが覗き穴みたいなのがあって、そこを覗くと模型が見れるようになっています。

mentai10
なかなか子供が喜びそうな凝った作りになっています。ちょっと人が多くて撮影してないのですが、近くにはクイズゲームのような展示物もありました。さすがに大人気でしたね。

そして明太子を作る工程を紹介している展示があります。いよいよラボっぽくなってきましたね。

mentai12
しかも体験もできるような展示物となっていて、冷凍された状態の卵の冷たさや、卵を満載にしたバケツの重さを体感できます。

mentai13 mentai14
めんたいラボの隣は工場エリアとなっているのですが、ガラス越しに工場見学ができるようになっています。

mentai19
実際に明太子の選別作業をしているのを見る事ができました。他にもパック詰めの機械なども見ることができます。

めんたいパークは入場料が無料だったので期待していなかったのですが、このめんたいラボは思っていた以上に楽しめました。

で、めんたいラボの出口にはお楽しみの試食が待っています。


試食コーナー

mentai15
管理人がめんたいパークに行ったときは比較的空いていたのですが、この試食コーナーとクイズのとこだけは人が多かったです(爆)

まあラボで明太子について色々と見たあとなので、普段よりも明太子が食べたくなっているのは間違いないです。

mentai16
試食の明太子は生だけでした。一口サイズに切ってありますが、まあまあ大きいです。

味はもちろん美味しかったですよ^^

しかし一口食ったぐらいじゃ物足りないって思うのですが、なんと試食コーナーのすぐ隣がフードコーナーになっていますw


フードコーナー

mentai18
めんたいパーク大阪ATCのフードコーナーでは、できたての明太子を使ったジャンボおにぎりが食べれます。

鮭や焼たらこのおにぎりもありますが、管理人はもちろん明太子のおにぎりを選びました。ジャンボと言うだけあって、大きなおにぎりで食べ応えがありましたね。

テーブルやイスもあって、無料でお茶などを用意しているので空いてれば、ゆっくり食べることもできます。ちょっと食べるのに夢中で写真とるのを忘れてました(汗)

それにしてもフードコーナーで売ってる明太子のソフトクリームってどんな味なんだろ?またATCに来ることがあれば挑戦してみたいと思います。

あとは工場直場のできたて明太子をお土産に買って帰りますよ。


売店エリア

mentai17
ここでは工場直売の明太子はもちろん明太子を使った商品などが売られています。値段的にはどうだろ?かねふくってブランドの明太子って考えたら安いんですかね。

管理人はいつもスーパーで売ってる安い明太子を食ってるので、あんまり安く感じなかったです(参考にならなくてごめんなさい)

ただ、明太子の味は美味しいので値段のことはさておいて買いましたよもちろん^^ 他にも気になる商品がありました。

mentai21
これなんか意外な組み合わせですよね。九州だったらわりとポピュラーな組み合わせなのかなぁ。

mentai22
売店エリアの商品の中には試食できるものがあります。なかでも「明太からし高菜」は・・・

激ウマでした!

なにコレめちゃくちゃ旨いんですけど!おもわず2袋も買いまいたよ。めんたいパークに行くならコレは絶対に試食してみて下さい。

なんか工場見学というよりは、食べてばかりのめんたいパークになってしまいましたが楽しかったです。

あとパーク内には、限定オリジナルお菓子がとれるUFOキャッチャーも置いていましたよ。残念ながら取れませんでしたが(涙)

mentai20
めんたいパークは入場無料なので、明太子が好きなら行ってみる価値はありますよ~☆

スポンサーリンク
レクタングル336イメージ
レクタングル336イメージ