野良猫を飼うなら注意点は?何をすればいいのか解説してます

ペットショップで売られている猫と違って、野良猫を飼うなら注意点がいろいろとあります。


管理人は今、猫を二匹飼っていますが、両方とも野良猫出身です。一匹は保健所に連れて行かれそうなのを保護しました。もう一匹は親に捨てられていたのを保護しました。


この二匹だけでなく、これまでも数匹の猫を飼いましたが全て野良猫です。


そんな野良猫ばかり飼っている管理人が、実際の経験から野良猫を飼うときの注意点を紹介しますね。


スポンサーリンク
レクタングル336イメージ

野良猫を飼うなら注意点は?

koneko
野良猫を飼う注意点として、まず大事なのはこれです。

生き物を飼う覚悟


どうしても野良猫などを「可愛い」「かわいそう」と思って保護しても、あとあと面倒みるのが嫌になって捨ててしまう飼い主がいるんです。


これは最後まで絶対に面倒をみる覚悟がなくても、野良猫ならとりあえすタダで家に連れて帰れるのが原因だと管理人は考えています。安易に保護してしまうケースが多いんですよね。


もしペットショップで20~30万もだして飼うなら、それなりの覚悟を決めるだろうし、もちろん簡単に捨てたりなんて絶対にしないと思います。


だから、まず最後まで猫の面倒をみる覚悟があるのかを、冷静になって考えてみて欲しいのです。


なんでこんな話をするのかと言うと猫を飼うのは大変だからです。

  • 毎日エサをあげる
  • 毎日トイレを掃除する
  • 言う事を聞かない
  • 柱や家具で爪をとぐ


あたりまえの事ですが毎日のようにエサとトイレ掃除をしてあげます。成猫なら朝晩の2回でいいですが、子猫のうちはエサを3~4回にわけてあげないとダメです。


猫の世話に休日とかはありません。どこかに遊びに行くなど出かけるとしても朝まずエサをあげて掃除をしてから出かける。そして夜のエサの時間までに家に帰らないといけないです。


さらに猫は言う事を聞かないです。警戒心が強いので怒ると懐かなくなる猫もいるので仕付けするのは難しいです。


そして家の柱や家具などで爪をとぎます。猫用の爪とぎを用意しておいても、猫は好きなとこで爪をとぐので傷を付けられたくないなら、カバーするなどの対策が必要です。


どうですか?これでも最後まで飼い続ける自信はありますか?


ちなみに管理人の猫は、血栓症という病気により1日2回の食事の時に薬を飲ませています。これを与えないと最悪の場合は死に至るので絶対に欠かすことができないです。


だから管理人は、この子が病気になってからは旅行などには行けなくなりました。まあ、病院に預ければ行けない事もないですが、それなりに費用がかかるので諦めています。


このような状況になったからと言って捨てるなんてことは絶対に許されないことですからね。だから生き物を飼うには絶対に覚悟が必要です。


経済的な問題


野良猫を飼う注意点として経済的な問題があります。


猫自体をタダで拾ってきた、または保護したからといってタダで飼えるわけではないです。


人間と同じ食べ物を与えるわけにはいかないので、猫用のエサを用意してあげないとダメです。嫌いなエサだと食べないので、高い猫缶を買わされるはめになるかもしれないです。


もちろんトイレだって人間の便所を使ってはくれないので、猫用のトイレを用意して猫砂を買い続けることになります。


さらに夏場など防犯を考えると窓を開けて出かけるわけにはいかないので、クーラーをつけておいてあげるなどしないと猫の体調が心配です。


管理人は夏場はクーラーをつけっぱなしにして、冬場はコタツをつけっぱなしにしてあげています。


経済的な問題として猫のエサ代、砂代は毎月のようにかかります。さらに住環境にもよりますが、電気代もそれなりに高くなることは覚悟しておいたほうがいいです。


ちょっと前置きが長くなりましたが、これから実際に飼うにあたっての注意点を紹介するのでご覧下さい。


野良猫には問題が多い


野良猫を飼う注意点として以下のような問題があります。

  • ノミ
  • シラミ
  • 寄生虫
  • 感染症
  • 病気


ペットショップにいる猫じゃないんですから衛生面については悪くてあたりまえです。


なので家に連れて帰ったら、まずは体を洗ってあげて下さい。このときに使用する洗剤は絶対に猫用シャンプーを使うようにして下さいね。


あとは猫の耳の中に水が入らないように注意してあげて下さい。そして猫は水を嫌がってあばれると思うので、爪でひっかかれたり噛み付かれないように注意して下さい。


動物病院で診察してもらう


とりあえず病気やケガをしていないか動物病院で診察してもらいます。このときにノミや寄生虫を駆除する薬を処方してもらったり、シラミがいるなら猫の毛を刈ってもらうといいでしょう。


ここで管理人からのアドバイスです。動物病院に行く前に絶対にどれぐらいの費用がかかるのか確認して下さい。


動物病院によって費用は全然ちがいます!


だから保護した野良猫の状態を説明して、どのような検査をしたほうがいいのか?どれぐらいの費用がかかるのか?これを数件の病院に確認して総合的に良いなと思った動物病院に行くようにして下さい。


管理人の家の近くには動物病院が2件あります。どちらも同じぐらいの距離なのですが、去勢手術についてそれぞれの病院に電話で確認したことがあるんです。


すると昔ながらの小さな動物病院は1万円だったのですが、大きな動物病院のほうは5万円だと言われたんです。同じ手術なのにあまりに金額が違いすぎてビックリしました。


ちょっと面倒かもしれませんが後で後悔しないように、数件の病院に電話をして確認するようにしたほうがいいです。


健康には問題なさそうに見えても野良猫ならノミや寄生虫はまずいると考えて下さい。人間に感染するものもありますので、動物病院で診察してもらって下さいね。


猫を飼うのに必要な物は?


さて野良猫を飼う注意点として、体を洗って動物病院で診察したなら、いよいよ家族の一員として迎え入れてあげる準備をしないといけません。


猫を飼う上で最低限こだけは必要だと思うものを紹介します。

  • 小屋
  • エサ、水を入れる容器
  • 猫用トイレ
  • キャリーバッグ
  • 爪とぎ
  • 猫じゃらし


あとは猫用のエサ、おやつを用意してあげます。子猫なら子猫ようのエサ、ミルクを用意してあげて下さい。


小屋

野良猫なので警戒心もあるので、落ち着いて寝られるように最初は小屋などがあるといいです。犬小屋のような立派なものでなく、とりあえずなのでダンボールやカゴのようなもので充分です。

エサ、水を入れる容器

専用の物が便利ですが、陶器などの重さがある浅めの小皿などでも代用できます。猫は食べるのが下手なので、あまり浅いとエサを撒き散らすので、適度な深さがある容器を選んで使用して下さい。

猫用トイレ

猫はきれい好きなので、わりと簡単にトイレは覚えてくれます。猫砂についてはコストや使い勝手で選ぶといいでしょう。

キャリーバッグ

移動用のケージです。これは絶対に専用のものがあると便利です。とくに動物病院に連れて行くときなどキャリーバッグがあると無いとでは、かなり違いますよ。

爪とぎ

これがないと柱や家具がとんでもないことになります。まあ、あっても好きなとこで爪をとぎますが、それでも用意しないとボロボロにされますよ。

猫じゃらし

猫はじゃれついてくるときに興奮して爪を立てたり、あま噛みすることがあります。猫じゃらしがあれば安全に遊んであげれますよ。


あとがき


野良猫を飼う注意点として管理人が思った事をそのまま書いてみました。面倒くさいことを言うなぁと思われたかもしれません。


しかし猫を飼うのは大変なんです!生き物ですから。


実際に管理人も毎月のように病院に連れて行って、毎日かかさず薬を与えています。病院代だって月に1万円ぐらいかかるのでコストもそれなりにかかってます。


それでも可愛いから許す!


今もこの記事を書いてるときに管理人の膝の上でゴロゴロと言いながら甘えています。もうメチャクチャ可愛いですよ^^


ほんと猫達には癒されているので、ちっとも言う事を聞かないバカ猫ですが可愛いです。バカな子ほど可愛いと言うのもあながち嘘ではないですね。


最初に「生き物を飼う覚悟」が必要と書きましたが、愛情があればきっと大丈夫です。


野良猫を飼うなら愛情をもって最後まで面倒みてあげて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル336イメージ
レクタングル336イメージ