釣り初心者が道具を揃えるなら?選び方のコツを紹介

管理人は釣りが大好きで子供の頃からやっています。大阪湾の近くに住んでいるので、小学生の頃はチャリンコで波止釣りに行ってました。


現在はおもにルアー釣りをメインにやっているのですが、ターゲットにしている魚は季節によっていろいろと狙っています。


そんな感じで年中釣りをしているので初心者や、釣りをしたことない人から「どんな道具を買ったらいい?」と聞かれることがあるんです。


そこで今回は「釣り初心者が道具を揃えるなら?」をテーマにして、タックル選びのコツを紹介します。


初心者だったらコレ買っとけみたいな、いいかげんなアドバイスじゃないですからね。じっくりご覧になって下さい。


スポンサーリンク
レクタングル336イメージ

釣り初心者が道具を揃えるなら?

turi_yuuhi
釣り初心者が道具を揃えようと思っても、何を買えばいいのか分からないと思います。


そこで、まず考えないとダメなのがこれです。

  • 何でもいいから釣りたいのか?
  • 釣りたい魚が決っているのか?


何でもいいから釣りたい


これなら答えは簡単です。海刷り公園などでサビキ釣りをすれば初心者でも簡単に魚を釣ることができるでしょう。




道具についてはこんなので充分です。釣具屋さんの店頭なんかにも置いていますね。



こういう釣り初心者用の道具セットなら最低限は必要な物が一通り揃っています。あとは以下の物があればOKです。

  • エサ
  • 水くみバケツ
  • クーラーバッグ
  • 予備の仕掛け


サビキ釣りで使うエサは冷凍エビなので釣りに行く当日に購入します。まあ、そのときに道具も買えばいいのですが、釣具店によって値段やセット内容はちがうので道具は事前に揃えておくほうがいいです。


クーラーバッグも発泡スチロールのタイプなら安いので、全部揃えたとしても5,000円~10,000円ぐらいの予算で買えると思います。


釣りたい魚が決っている


釣りたい魚が決っているなら、あとはどのように釣るかで道具が決まります。

  • エサ釣り
  • ルアー釣り


おおまかに分けると「エサ釣り」と「ルアー釣り」の2種類に分かれます。どちらが初心者に向いてるかは、狙う魚にもよりますので何とも言えないです。


また様々な釣り方で狙える魚もいるので、あなたのやりたい釣り方に合わせた道具を選ぶ必要があります。


例えばですが管理人が住んでいる大阪の海では「チヌ(黒鯛)」がよく釣れます。そんなチヌを釣るのに管理人やったことのある釣り方はこれだけあります。

  • フカセ釣り(エサ釣り)
  • コスリ釣り(エサ釣り)
  • 落とし込み(エサ釣り)
  • 前打ち(エサ釣り)
  • チニング(ルアー釣り)


管理人はこれらに全て違う道具を使っています。使い回しが出来る場合もあるのですが、やはり快適に釣りをするには専用のものが適しています。


つまり何が言いたいのかというと一つの道具で全ての釣りをするのは不可能なのです。ここを勘違いしている人が多いなぁと管理人は思っています。


楽器やスポーツの道具などは、とりあえず安いのを買ってみて上達してから高いのを買えばいいです。しかし、釣り道具はそれぞれの釣り方で安い道具から高い道具まであるので、まず「何を釣りたいのか」「どんな釣りがしたいのか」を決めないことには先に進まないのです。


最初に紹介した2,000円~3,000円ぐらいのサビキセットで他の釣りはできないのか?と言われると、絶対に出来ないわけではないです。


でも、それは野球のバットでテニスをしたりするようなもので、難易度があがって快適な釣りはとても無理ですね。


なので狙う魚によっては道具の使いまわしが出来ないという事は覚えておいて下さい。


予算的におすすめなのは?


もし釣り方にこだわりが無いなら、エサ釣りのほうが予算は安くすみます。あくまで釣り初心者の道具って考えた場合によりますが。


では管理人が「エサ釣り」と「ルアー釣り」の両方の釣り方をしているタチウオを例にして道具を見てみましょう。


とりあえず最低限は必要な道具として以下を比較してみます。

  • ロッド
  • リール
  • ライン
  • 仕掛け
  • エサ


エサ釣り


管理人の場合はエサ釣りでタチウオなら「ウキ釣り」です。タチウオは夜釣りになるので、ウキはLEDで光る電気ウキを使用します。ある程度は遠投したいので3号サイズのウキを使うので、それに合わせて竿は磯竿3号を使っています。


2000番のリールに3号のナイロンラインを巻いています。仕掛けは市販タイプの物を使用して、エサはキビナゴを使います。


これらの予算はだいたいで以下のようになります。

竿 5,000円ぐらい
リール 5,000円ぐらい
ライン 1,000円ぐらい
仕掛け 3,000円ぐらい
エサ 500円ぐらい


仕掛けに関しては予備なども考慮して3,000円ぐらいにしています。それでも全部合わせて15,000円も掛かっていないです。


もちろん道具のグレードを下げれば、もっと予算を抑えることは可能です。ウキ釣りの場合は道具の性能よりも、釣るには棚(ウキ下の深さ)が重要なポイントなるからです。


ルアー釣り


管理人は「ワインド」と呼ばれるルアー釣りでタチウオを狙います。ロッドは専用の物を使用しています。2500番サイズのリールにPEラインを巻いて使用していて、仕掛けには専用のジグヘッドとワームを使用します。

ロッド 15,000円ぐらい
リール 20,000円ぐらい
ライン 2,000円ぐらい
仕掛け 3,000円ぐらい


ロッドだけでエサ釣りの予算と同じぐらいになっていますね。もちろんワインドでも安物のセットはあります。


しかしルアーは食わすためのアクションが重要なので、しっかりと操作できるロッドやラインを使うほうが釣りやすくなります。


管理人はPEラインを使用しているのですが、これがまたトラブルの多いラインなのです。


だからトラブルを回避するために、PEに適したガイドを使用しているロッドを選び、PEでもトラブルしにくいリールを選んでいるので値段的にそれなりになってしまいます。


どうしてもルアー釣りにはキャスト性能や操作性などが求められるので、エサ釣りに比べると性能が良くない道具では快適な釣りができないんです。


だからルアー釣りを始めるなら、最初からそこそこマシな道具を揃えないと失敗して買いなおすはめになりますよ。


さいごに


釣り初心者が道具を揃えるならをテーマに話してきましたが参考になりましたか?


管理人も最初の頃は、とりあえずで安い道具を買っては使い物にならなくて失敗ってのを何度も経験してきました。


とくにルアー釣りの場合は、道具の性能が重要になってくるので予算は高めになります。さらに覚えておいて欲しいのが、軽いルアーや細いラインを使うほど性能が良い道具が必要になります。


ただ、この道具を買うのが楽しいんです!毎年のように新しい製品が発売されますし、ルアーなどはコレクター的な要素もあるので集めるのも楽しいです。


ちなみに管理人が持っているリールの数を数えてみると、なんと18個もありました(笑)ちなみに一番高いリールは定価70,000円の「ステラ」というスピニングリールです。清水の舞台から飛び降りるぐらいの気持ちで買いました。


ロッドに関してはもっとありますが、これは管理人が快適な釣りを求めて専用の道具を揃えた結果です。使いまわせるのもあるのですが、どうしても欲しくなるんですよねw


とにかく「狙う魚」「釣り方」を決めないことには道具の選びようがないです。釣り初心者が道具を揃えるなら、まずはそれを決めてからですよ。

スポンサーリンク
レクタングル336イメージ
レクタングル336イメージ